1. hanareホーム
  2. 【内村慎太郎】絵唐津四方皿

NEW

【内村慎太郎】絵唐津四方皿

茶道具の次代を担う作家による、身近な日々の生活を彩る作品たち。

普段制作されている茶道具と異なる趣向の作品を通して、技術や作品づくりにおける想いを感じていただければ幸いです。

内村慎太郎さんは、唐津焼や高麗茶碗の技法を用い、過去の名碗に向き合いながら独自の作陶に取り組まれています。

作品作りで心掛けていることは、飽きないもの・使って育つものを作ること。

土の種類や焼成温度、窯の中で置く位置を変えることで、落ち着いた佇まいでありながら、唐津焼のやきものとしての幅の広さを表しています。

 

桃山時代のうつわの写しで、天然の鉄を用いて植物(草花文)が描かれた絵唐津皿。

この時代のうつわには身の回りのものをモチーフに描かれることが多く、この草花文もその一つです。

灰色の土灰釉は、内村さんの地元・九州特有の釉薬です。

向付、銘々皿など様々にお使いください。

 

▼こちらは、「淡交」2019年連載【茶道具のいま、これから】との連動企画です。

内村慎太郎さんをご紹介した記事はこちらからご覧いただけます。

【淡交社オリジナル】

サイズ(約):口径13.4cm、高さ4.4cm、高台径5.7cm、重さ222.5g

素材:陶器

紙箱入

=ご注文の前に=

作品は全て作家による手づくりです。大きさや形、色には個体差があり、一つとして同じものはありません。

ご注文の際には、掲載写真を含め、お届けするものは一点ずつ異なることを予めご理解ください。

新規会員登録

商品を探す

営業日カレンダー

2020年10月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

・・・休業日

営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝
ご注文はネット上で24時間受け付けております。休日に届いたメールは、翌営業日に確認し順次ご返信します。