丸二

京からかみとは

もともと唐(中国)から伝来の細工紙を唐紙と呼び、のちに襖紙そのものを“からかみ”と言うようになりました。

日本の建築物に襖・障子が使われるようになったのは平安時代以後のことで、はじめは色紙を貼ったり絵画を描いて装飾していましたが、やがて“からかみ”を使うようになりました。

からかみの製造は彫刻した板木を用いた木版が中心で、普通の木版のようにバレンを使わず直接手のひらで摺るため、木版の彫りは深く、出来上がりにも柔らかみがあります。

伝統的な木版によるからかみは江戸時代中期に京都で13の業者があり、東京・大阪にもそれぞれ加工業者がありましたが、機械刷りに圧迫されて減少し、現在京都に丸二を含め2業者が残るのみとなりました。

京都の伝統的な木版摺りの技法によるからかみには、中国的文様をはじめ、日本文化に深く根をおろした日本の風土にあったデザインが豊かに残っており、寺院や離宮・茶室・料亭などの需要に支えられ、その技法は現代に伝承されています。

新規会員登録

商品を探す

営業日カレンダー

2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

・・・休業日

営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝
ご注文はネット上で24時間受け付けております。休日に届いたメールは、翌営業日に確認し順次ご返信します。